ロッキーシリーズのあらすじをまとめてみた!ロッキーを知りたいならこの記事だけでOK

Rocky Balboa

言わずと知れたシルベスター・スタローンの名作ロッキー。

僕の周りでは、好きか嫌いかかなり分かれるけれど僕は大好きな作品です。
人生の教科書と言っても良いのではなかろうか?w

そんなロッキーは1976年に公開されてから、スピンオフ作品のクリード チャンプを継ぐ男の2015年まで続いているんだよね!!

その数、なんと7作品。
これからもしかしたらまた制作されるかもしれないけど、とんでもなく人気な作品なことが分かる。
スタローンもこの作品には色んな思いがあるだろう。

スタローンは売れてなくてお金がない時代に、自分でロッキーの脚本を書いたんだよね。
脚本には破格の値段がついたんだけど、映画会社は有名スターを起用したがった。
でもスタローンは自分が主演じゃなければ、この脚本は使わせないと意思を貫いた!!

そして長い話し合いの末、最低のギャラと下げられた脚本料の条件でスタローンが主演になることになりました。

すごい執念だよね。
お金なんかいらない。
自分がこの役を演じたいんだと。

結果、この作品でスタローンは一躍スターになって大金持ちになるんだけどねwww

そんなことがあって作られているロッキーはまるでスタローンの人生を描いたような作品になっているのです。

この記事ではロッキー全7作品中スピンオフのクリードは除く6作品のあらすじをまとめてみました!!!

ロッキー知らない人も知っている人もロッキー・バルボアという魅力あふれる人間を一緒に見ていきましょう。

注意
この記事はネタバレがあります!

ロッキー・バルボアの生涯

ゴロツキのような人生 【ロッキー】

IMDbさん(@imdb)がシェアした投稿

ロッキー・バルボアは、3流のボクサー。
30歳になってもボクシングで生計を立てられていなかった。
才能はあるのだけれども努力をしてないんだよね。
賭けボクシングで八百長まがいなことをやっていたり、試合後タバコを吸いながら傷の手当てをしていたりw

自分の腐った人生を変えるキッカケを掴めずに、その日食べていければいいみたいな毎日を送っていた。
収入のメインは、借金の取り立てのバイト。
でも、根は優しいから厳しく取り立てることが出来なくて、仕事仲間に馬鹿にされているのだ。

ボクシングジムのトレーナーのミッキーは、そんな自堕落なロッキーに愛想を尽かす。

才能があるのに、勿体無い。
お前なんか、ボクシングをする資格はないと。

そして、ジムのロッカーを取り上げられてしまう。
ボクシングさえもなくなったロッキーだったが、一つの生きがいがあった。
それは、親友ポーリーの妹・エイドリアンの存在だ。

最初は片思いの状態だったが、ポーリーの助けもあり二人は恋に落ちていく。

そんな時、ロッキーに転機が訪れる。
ボクシングヘビー級世界チャンピオンのアポロ・クリードから連絡が入るのだ。
当初、ロッキーはスパーリングパートナーとして選ばれたと思って、会いにいくのだが、実際は違った。
なんとタイトルマッチの相手が出場できなくなったから、代わりに試合をしないか?ということだったのだ。

理由は、ロッキーのニックネームが「イタリアの種馬」という面白いものだったことと、無名の選手にチャンスを与えることでアポロが寛大な心を持っていると大衆に思わせるため。

最初は難色をしめすロッキーだったが、一世一代のチャンスということで試合を承諾するのだった。

トレーナーのミッキーは、それを聞いてロッキーの家を訪れる。
そして自分の時は、マネージャーがいなかったから失敗した。
お前は失敗しないように、俺がマネージャーになってやると言うのだった。

だけれどもロッキーは、今まで自分を散々バカにしてきて今さら?10年前に言って欲しかったな!ロッカーまでも奪ったのにこんな時だけは飛びついてきやがってと思いを爆発させる。
この豚小屋のような部屋に住んでみろ!!!と。

ロッキーの怒りを目の当たりのしたミッキーは諦めて帰ろうとするが、全ての想いをぶちまけたロッキーはミッキーの後を走って追い、マネージャーになってもらうことを承諾するのだった。
二人のわだかまりは、全てをぶちまけることで解消されたんだね。

そこから、ロッキーとミッキーはトレーニングを開始する。
今まででは考えられないような本気のトレーニングをして万全なコンディションを作り上げたロッキー。
だが、試合前夜弱音を吐く。

絶対に勝てない‥

偉大なチャンピオンと3流ボクサーの自分。
勝敗は目に見えている。
だけれども、もう自分は孤独じゃない。
エイドリアン、ミッキー、ポーリー。
支えてくれるみんながいる。

もし、最後までリングの上で立っていられたら、自分はただのゴロツキじゃないと証明できる。

そう呟くのだった。

そして試合当日。
観客は当然、ほとんどがアポロのファンだった。
みんながアポロを見に来ている。
ロッキーはアポロをよく見せるためのただの噛ませ犬なのだ。

ゴングが鳴ると挑発しながら、圧倒的力を見せつけるアポロ。
だが、最初のダウンを奪ったのはロッキーだった。
ロッキーの予想外の戦いに観客もどよめき始める。

だが、さすがは世界チャンピオン。
負けじとパンチを打ち込みダウンを奪い返す。

ロッキーは何度も何度もダウンをした。
だがその度に立ち上がるのだ。
その不屈の姿に心を動かされ、いつからか会場はロッキーコールに変わっていた。

そして気が付くと、最終ラウンドを迎えていたのだ。
ロッキーが目指していた、最後のラウンド。
ボロボロの姿で泥のように最後まで殴り合う二人。
KOでの決着はつかずに試合終了のゴングが鳴る。

判定の結果を発表しようとする審判だったが、そんなことはどうでもいいとエイドリアンを探すロッキー。
そしてリングの上にあがったエイドリアンを抱きしめて、愛してると伝えるのだった。

判定結果は、アポロの勝ち。
だが、喜んでいるのはアポロだけで、会場はロッキーコール。
ロッキーは自分がただのゴロツキではないと証明したのだ。

エイドリアンとの結婚 【ロッキー2】

激戦を終え、救急車で搬送されるロッキーとアポロ。
お互い車椅子に乗り、ロッキーは鼻の骨が折れて手術をしなければいけないほどの重症だった。
しばらくの入院生活を終え、退院したロッキーはすぐにエイドリアンにプロポーズをする。
エイドリアンもそれを承諾し、二人は夫婦になるのだった。

アポロとのタイトルマッチで多額のファイトマネーを得ていたロッキー。
初めて大金を手にしたからか、舞い上がってありえない使い方をしてしまう。

高級車や高級時計、貴金属。
豪華な新居。
そんな計画性のない買い物で、すぐに貯金は底をついてしまった。

エイドリアンのお腹には、赤ん坊もできているというのに。

ロッキーはアポロとの試合で目にダメージを受けていて、医者からもボクシングはもうしないほうがいいと言われていた。
失明する危険があると。
本人もあれだけの壮絶な試合を経験したことで、ボクシングは引退すると決めていた。
それでボクシング以外の仕事を探すことになるのだが‥。

アポロとの試合で一躍有名になったことで、テレビのコマーシャルの仕事が舞い込んでくる。
ギャラも相当貰えて美味しい仕事だったのだが、ロッキーは字が読めず台本を上手く口にすることができなかった。
演技もできず、せっかくのコマーシャルは中止となってしまう。

他にも仕事を探すのだが、学歴のないロッキーにまともな仕事などなく、精肉工場での肉体労働をすることになる。
だが、そこでも人員整理のリストラにあい、また無職へ舞い戻ってしまうのだ。
生活が苦しく、妊婦のエイドリアンまで働くことに。
ロッキーはミッキーに頭を下げ、ボクシングジムの清掃員として働き始める。

後輩達に馬鹿にされながらも、ジムで働いていたロッキー。
ある日アポロからリターンマッチの挑発をされる。
試合に勝ったのはアポロだったが、世間から本当の勝者はロッキーだと罵られていたためである。
テレビで「俺のほうが強いのを証明したいのに奴は俺が怖くて隠れている」と発言したのだ。

それを見たロッキーとミッキーは挑発に乗り、リターンマッチをすることを決める。
ロッキーの体を気遣い必死に止めるエイドリアンだったが、

よく考えてみたが、コマーシャルも向いてねぇし、精肉工場の作業員でもねぇ。
俺はやっぱりボクサーなんだ。
ボクシングしかないんだ。

と半ば強引に決めてしまうのだ。
だが、エイドリアンはそれに納得しなかった。
二人はぎくしゃくしたまま練習を始めることになる。

エイドリアンに認めてもらえず、練習に身の入らないロッキー。
このままじゃアポロに殺されちまうぞ!
と活を入れるミッキーだったが、ロッキーは心ここにあらず。

そんな時、エイドリアンとロッキーの子供が産まれる。
だが、早産でエイドリアンは倒れて意識が戻らなかった。
原因はストレスと過労。

ロッキーは、自分を責めた。
エイドリアンが倒れてしまったのは、自分のせいだと。
そして、試合が迫っていたが練習もせず、毎日エイドリアンの傍で祈り続けたのだ。

数日後、無事エイドリアンの意識が回復する。
ロッキーは心から安堵し、もう心配させたくないと

ボクシングやめろってんならやめてもいい。
何かほかのことして暮らすさ。

と言うのだった。
それに対してエイドリアンは

一つして欲しいことがあるの。
勝って!

とロッキーに言うのだった。
ロッキーの心に再び闘志が戻る。
その日から、ロッキー達はまた厳しいトレーニングを開始する。

そしてアポロとロッキーのリターンマッチ。
前回とは一転して、ロッキー人気は凄いものだった。
試合が始まる前からロッキーコールが巻き起こる。

実力が均衡した二人だから、試合も物凄い殴り合いなるのだった。

だが、ついにロッキーはアポロを倒しKO勝ちを収める。
無名だったゴロツキの三流ボクサーが、世界チャンピオンまで成り上がったのだ!

俺には子供も生まれたし、今日は俺の人生で最高の夜だ。
エイドリアン、やったぞ!!!

とベルトを高く掲げるロッキーだった。

ミッキーとの別れ 【ロッキー3】

アポロを倒し、見事世界チャンピオンになったロッキー。
それからも次々と挑戦者を倒していき、今や国民的ボクサーへと人気を得ていった。

様々な雑誌、コマーシャルなどをして、金銭的にも裕福になったのだ。

だが、年齢も30中盤を過ぎており、ついに引退を決意する。
引退会見の場を用意し、いざ発表するという時に世界ランキング1位のクラバー・ラングが乱入してくる。

お前がチャンピオンでいられたのは、ランキング1位のこの俺から逃げ回っているからだ!
俺と戦え腰抜け!

と挑発するのだった。
ロッキーは逃げてなどいないと弁明するが、それは事実だったのだ。
実はマネージャーのミッキーがクラバーとの戦いを避けさせていたのだ。
理由は奴は強すぎるから。
だが、妻のエイドリアンも侮辱されたロッキーは、これが最後の試合だからとミッキーを納得させ、クラバーと試合を組むのだった。

試合当日。
意気込むクラバーは試合開始直前にロッキーを挑発し、乱闘騒ぎになる。
そこでミッキーが巻き込まれ、心臓を抑え苦しみ出すのだった。
心配したロッキーは、試合を中止にしよう!と提案したのだが、
バカ野郎!とっとと倒してこい。
と無理矢理ミッキーに背中を押されて試合に臨むのだった。

だが、ミッキーのことが心配で心ここにあらずのロッキー。
そして驚異的な強さを見せるクラバー。
ロッキーはなんと僅か2ラウンドでKOされボロボロになってしまうのだった。

そのままミッキーの元へと向かうロッキー。
控え室には苦しそうに横たわっているミッキーがいた。

結果を聞いてくるミッキー。
ロッキーは、2RKO勝ちだと嘘をついた。
さすがだ‥、やった‥な。
と苦しそうに喜ぶミッキー。
だが、ロッキーの顔をチラリと見ると血まみれのボロボロの姿だった。

きっと負けたことは悟ったろうが、
よくやった。
と呟いたのを最後にミッキーは死んでしまうのである。
恩師を失って泣き崩れるロッキーだった。

それからは悲しみに暮れる日々を送っていたが、ロッキーの前にある人物が現れる。
前世界チャンピオンのアポロ・クリードだ。
アポロはロッキーのトレーナーを引き受けるという。

お前が強かったのは、鋭い野獣の目をしていたからだ。
それを取り戻そう。

と、二人でクラバーへのリベンジを誓うのだった。
アポロの故郷のスラムで練習を開始した二人。
そこで、ロッキーはアポロの技を身につけていき、素早い動きを手に入れる。
プライドも全て捨て去り、ただがむしゃらに練習に励むのだ。

結果、リベンジマッチで見事クラバーを撃破し、チャンピオンに返り咲く。

試合から数日、ロッキーとアポロはボクシングジムのリングの上にいた。
実はアポロはまたロッキーと拳を交えたくて、トレーナーを引き受けていたのだ。

ギックリ腰に気をつけろよと皮肉を言いながら笑うロッキー。
まだまだお前さんには負けんよとアポロ。
客もテレビも誰もいないジムで、二人はスパーリングを開始する。

因縁のライバルの二人だったが、そこには本物の友情が芽生えていた。

ドラゴへの復讐 【ロッキー4/炎の友情】

チャンピオンベルトを取り戻し、幸せな生活を送っていたロッキー。
そこにアポロがやってくる。

アメリカと冷戦中のソ連が正式にプロボクシング協会に加入したのだが、そこにイワン・ドラゴという生意気なボクサーがいる。
そいつとエキシビジョンマッチをやりたいというのだ。

引退して5年も経つのだから、やめたほうがいいと説得するロッキーだったが、

戦士が戦場を失ったら死んだも同じだ!

とアポロは半ば無理矢理に試合を決めた。

だが、ドラゴは体格がアポロより遥かに大きく、パワーも段違い。
そして、ドーピングを使って筋力を増強させていた。

想像通り、エキシビジョンマッチは一方的だった。
アポロのパンチはドラゴに効くことはなく、アポロはただパンチを喰らう。
そして、致命的な一撃をもらいリングで命を落としてしまうのだった。

ロッキーはその時セコンドにいたのだが、絶対に投げるな!というアポロを見てタオルを投げることができなかった。

親友を失ってしまったロッキー。
それもたかがエキシビジョンマッチで。
ロッキーは怒りを内に秘め、ソ連でドラゴと試合をすることを決めた。

自殺行為よ、勝てっこないわ。
例え勝ってもアポロは帰ってこないわ!

と止めるエイドリアンだったが、

多分俺は勝てないだろう。
だが俺はファイターだ!

とエイドリアンを無視し、ソ連へと飛び立つのだった。
ソ連では政府に監視されながらトレーニングを開始する。
雪しかない極寒の場所で、ロッキーはスパーリングもせず、ただただ己の肉体を研ぎ澄ましていく。
対してドラゴは最新の科学技術とドーピングを使いトレーニングしていた。

そんな中、エイドリアンがロッキーの元を訪れる。

ずっと傍にいる。
何があっても。

そうお互いが言うと、ロッキーの闘志はさらに大きくなるのだった。

そしてドラゴとの試合が遂に始まる。
会場では、ロッキーが入ると大ブーイングが起こった。
逆にドラゴは国民の英雄として扱われている。

二人の体格差もとてつもないものだった。
まるで、小学生と高校生。

試合が始まると、ドラゴの独り舞台だった。
ロッキーのパンチは効かず、強烈なドラゴのパンチが降り注ぐ。
それが何ラウンドも。

このままではロッキーは殺されてしまうと誰もが思ったであろう。
だが、ロッキーは倒れない。
殴られても殴られても何度でも立ち上がるのだ。

その姿を見て、なんといつの間にかソ連の観客がロッキーを応援し始めた。
敵国の男のロッキーを。
ソ連の政府は焦りだしドラゴに怒りをぶつける。

ソビエト人民がアメリカを応援してるぞ!この馬鹿者が!
勝つんだ!

それを聞いて、役人の首を絞めるドラゴ。

俺は勝つために戦う!
自分のためだ!自分のために戦う!!

と、観客に向かって叫ぶのだった。

そして最終ラウンド。
ロッキーはボロボロだったが、ドラゴも体力を削られていた。
誰もが、ロッキーでさえも勝てないと思っていたドラゴと同等の戦いを繰り広げたのだ。
そしてついには逆転し、KO勝ちを収めるのだった。

ロッキーは勝利後、インタビューで

試合をするうちにみなさんの気持ちが変わりました。
そして、私の気持ちが変わったのです。

リング上で2人の男が殺し合いました。
でも200万人が殺し合うよりいいと思います。

私が変わり、みなさんも変わった。
誰でも変われるのです!!!

と喋った。
それを聞いて、ソ連の役人達がスタンディングオベーションをしたのだ。
敵国でもロッキーは英雄になったのだ。

ロッキーはこの試合の後に、リングで戦争をした男と言われている。

全てを失ったロッキー 【ロッキー5/最後のドラマ】

ドラゴとの壮絶な試合を終えたロッキーだったが、試合後控え室で体の震えが止まらずにいた。
早く家に帰りたい。
様子がおかしいロッキーにエイドリアンは心配しつつも家路を急いだ。

医者に見せたところ、ロッキーは脳に損傷を受けていたのだ。
そして、ボクシングを引退することを余儀なくされる。
しかも不幸が重なって、なんと全財産を失ってしまうのだ。
ポーリーの不手際と会計士の不正によって。

豪邸や車が競売にかけられ、貧乏生活を強いられることになったのだ。

そこで、地元のスラムへと引越し、ミッキーが残したジムで今度はトレーナーとして再出発をした。

そこまで儲からないが、生活は順調だった。
ジムではトミー・ガンという期待の新人を見付け、トミーの成長に生きがいを感じていった。

だが、トミーに付きっきりのロッキーに息子のロッキージュニアは違和感を覚え、自分よりもトミーを大事にしているロッキーに対して溝を作るようになる。
エイドリアンもそんなロッキーを冷たい目で見ていた。

裏腹にトミーはどんどんと活躍していった。
連勝を重ね、後はタイトルを取るだけというほどに。
だが世間では、ロッキーのロボットとトミーの評価はされていなかった。
それに苛立ちを覚えるようになる。

そんな時に、悪徳プロモーターのデュークが現れる。
デュークはトミーに車や住居、女を与え、俺のもとに来れば金も名誉も手に入るとロッキーの元から引き抜いてしまうのだった。

信頼してた弟子に裏切られショックを隠しきれないロッキー。
そこでエイドリアンは、

あなたにとって本当に大事なものは何?

と問う。
そこで家族だと気付いたロッキーは、ジュニアとの関係を修復させていくのだった。

一方、ロッキーの元を去ってタイトルマッチを迎え、遂にチャンピオンになったトミー。
だが、世間はロッキーを裏切ったトミーにブーイングを送ったのだ。

自分の実力でチャンピオンになったのに何故?

と怒りがこみ上げる。
記者達もお前はチャンピオンじゃない。
チャンピオンはロッキーだと罵声を浴びせる。
そこでトミーは、ロッキーより強いことを証明しようと試合を申し込みにロッキーがいる酒場へと向かう。

酒場で、ロッキーに罵声を浴びせるトミー。
だが、ロッキーは相手にしない。
頭に血が上ったトミーは、隣にいたポーリーを殴り倒すのだった。
それにキレるロッキー。

俺を殴り倒してみろ

と路上での殴り合いが始まるのだった。
ロッキーは悪ガキ時代に鍛えた喧嘩技でトミーを翻弄していく。
最後にはボクシングでトミーを制し、ノックアウトするのだった。

後日、フィラデルフィア美術館の前を息子と幸せそうな顔で歩いていくロッキーがいた。

再起 【ロッキー・ザ・ファイナル】

ロッキーシリーズの最終章。
あれから16年、ロッキーは小さなレストランの経営者になっていた。
最愛の妻・エイドリアンは先立ち、息子はロッキーの元を離れて暮らしている。

毎日、エイドリアンの墓を訪れるロッキー。
息子に連絡をしても、息子はロッキーを遠ざけて会おうとせず、ロッキーはとても寂しい思いをしていた。

現在、ヘビー級の世界チャンピオンはメイソン・ディクソンという黒人。
驚異的な強さを持っていて、試合は一瞬で終わってしまうためファンからはブーイングが起こることが多かった。
コメンテーターも、相手が弱すぎて強く見えるだけだと批判する。
それに対して不満を抱くディクソンだった。

ある日テレビで、昔のボクサーと現代のボクサーをコンピューターが仮想で戦わせてみるという番組が流れる。
そこで選ばれたのが、ロッキーとディクソンだった。
結果はロッキーの圧勝。
視聴者も納得の結果で、世間ではこの番組がちょっとした流行りとなった。
それをたまたま見たロッキーは、ボクシングへの情熱が蘇る。

また試合がしたい。

エイドリアンを失った悲しみ、息子との距離感でできた心の隙間を何か夢中になれることで埋めたかったのかもしれない。
だけども、ロッキーはこの時既に60歳間近w
誰もが、無茶だと思った。
当然僕もw

プロライセンスも取り戻せないと思ったが、健康には問題なく、なんと合格してしまう。(ドラゴ戦で受けた脳のダメージはどこいったのって話しだがw)

そのニュースを見て、ディクソン側のマネージャーがロッキーのレストランに訪れる。
なんとディクソンとエキシビジョンマッチをしないか?というのだ。
テレビでの盛り上がりもあり、これを期にディクソンの人気を回復させようと考えたのだ。
悩んだロッキーだったが、結局試合を受けることになる。

それを知り、ロッキーの息子・ロバートはロッキーの元を訪れる。

こんな試合はしないでくれ。
世間は父さんを笑ってる。
ピエロ扱いにして笑ってるんだ!
おかげで僕まで笑われる!

ロバートがロッキーを遠ざけていた理由は、いつも父と比べられ馬鹿にされていたからだった。
父は偉大なのに、お前はダメなやつだと。
その上、こんな歳でボクシングをして無様な試合をしたら、もっと笑われると怒りを爆発させた。

それを聞いて、ロッキーはこう答える。

お前は変わった。
困難にぶつかる度に、父さんの影のせいにした。
世の中はいつもバラ色じゃない。
気を抜いたら、どん底まで落ちて二度と這い上がれなくなるんだ。
それが人生だ。
人生はどんなパンチよりも重くお前を打ちのめす。
だが、パンチを恐れずに前に進むんだ!
その先に勝利がある。

人を指差し、自分の弱さをそいつらのせいにするな!
それは卑怯者のやることだ!
お前は卑怯者じゃない、この俺の息子だ!!!

その言葉に打ちのめされるロバート。
次の日、ロバートはロッキーの前に現れる。
なんと会社を辞めてきていた。
試合までロッキーの傍にいることを選んだのだ。

それから昔のようなトレーニングを実行し、試合に臨んだロッキー。
ディクソンの秒殺かと思われたが、ディクソンがロッキーの腰骨にパンチを当ててしまい、拳が骨折するアクシデントが起こる。
それにロッキーはトレーニングによって昔のような体を取り戻しており、どちらが勝ってもおかしくない試合展開へとなっていった。
最終ラウンドまで決着はつかず、結果は判定までもつれた。

結局勝ったのは予想通り、ディクソン。
だがロッキーに悲壮感はなかった。
ロッキーとディクソンはお互いを称えてリングを降りた。

この試合でロッキーは、心は歳をとらないことを証明したのだ。

まとめ

以上、ロッキーシリーズのあらすじ全まとめでした!!!

本当、自分を奮い立たせたい時に、見たい映画NO.1ですね!!
話もキャラクターも僕の心を熱くさせてくれるんですが、忘れちゃいけないのが曲。
この曲が流れるだけで、心の奥からぐおおおおとやる気が溢れてくるんです。

こんなもん心のドーピング剤ですよw

アスリートにロッキー見せたら、記録が伸びるんじゃないでしょうか?www
それくらい心をやる気にさせてくれます。

しかも書いている途中、久しぶりに見たくなって1をみたんですが、次も次もと結局全部見てしまった僕www
映画に夢中でこの記事書くのに12時間かかってしまいましたw
多分シリーズ合わせて100回くらい見てるはずなんですけどね‥。
飽きないもんですねぇ。
ロッキーは本当凄いわ。

あなたのオススメのロッキーはどのシリーズですか?


映画・ドラマ・アニメが見放題のHuluがマジでオススメ!

レンタルショップで借りるのはもう古い!今はネットで映画を見る時代です。僕もHuluを愛用するようになって映画環境がめちゃくちゃ快適になりました!マジで最高、愛してる!そんなHuluは今2週間無料でお試しすることが出来ちゃいます!!この機会に是非お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です